オプションWP1000/1100

wp1000_1100_guide08_img00.jpg

 P   オプションパネル

無表記 オプションパネル無し

 

取付部に指定の形状加工を行えば、本体を差し込むだけで設置できる「イージーセット機構」をベース部に一体化。
別パーツや工具を使わず固定できます。

WP1000/1100 パネルオプション
S ストッパー機構タイプ

フリーマウント機構のWP1000シリーズでは対応が困難だった逆回転を可能とするため、カセットの外れを防止する、

ロック機構を開発しました。指一本でロック及び、解除が簡単に行えます。(WP1100のみ対応)

WP1000/1100 ストッパー機構タイプ

 


 

wp1000_1100_guide08_img05.jpg

 

 

 R     回転出力付

無表記 回転出力無し

 

WP1000シリーズに回転検出機能を搭載しました。

検出方式はポンプロータ部にマグネットを実装。それを4つのリードスイッチで構成された専用ユニットで回転状態を読み取ります。

出力信号は1回転あたり4パルスの接点信号が出力されます。

WP1000/1100 回転出力付き
仕様用途

・DCモータタイプに実装した場合、回転数制御・流量シュミレーション等のより精度の高い利用が可能です。

・ステッピングモータタイプに実装した場合、回転状態の監視等セフティ制御に利用が可能です。

 

一般仕様

動作方式 磁気検知方式
出力信号 4パルス/1回転(接点出力)
1周期ON時間デューティ比 35% ±40%(参考値)
ケーブル長 570mm (AWG22)

リードスイッチ仕様

接触抵抗値〔mΩ〕 200max
接点間耐電圧〔DCV〕 100
絶縁抵抗〔Ω〕 109min
接点間静電容量〔pF〕 0.4max
接点容量〔VA,W〕 5
最大開閉電圧〔V〕 DC30V
最大開閉電流〔A〕

0.2A

推奨条件
開閉電圧〔V〕 DC10V以下
開閉電流〔A〕

0.1A以下

回路図

WP1000/1100 回転出力付き 回路図

 

 

 

使用上の注意

・ポンプの回転速度によりパルス幅が変化します。設計の際には実機にて確認の上、変化量を充分考慮した設計を行ってください。

・リードスイッチは金属接点である為、チャタリングが発生します。回路設計時には、必要に応じてその対策を行ってください。

・本装置はパルス信号出力用として設計されております。安全上、パルス信号としての用途以外では使用しないでください。

このページの先頭へ

保存